Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
popteen

ポプ戦【2次】の投票方法と結果予測!ポップティーンカバーガール戦争

こんにちは!

『ポップティーン全力祭2019』が3月28日に東京・豊洲PITで開催されました。

そこで、発表されたのが・・・

ポップティーン第2次カバーガール戦争に出場できるレギュラーモデルは

投票で選ばれた6名だけ!

どういうことなんでしょうか?

詳しく説明します!

・・・結果がでました!こちらをどうぞ

ポプ戦【第2次】メンバー結果発表!投票方法がおかしいと復活希望の声!ポプ戦【第2次】 こと 第2次 ポップティーンカバーガール戦争 いよいよスタートしました! いきなり3名脱落ってどうい...
Sponsored Link

ポプ戦の投票とは?

ポップティーンカバーガール戦争!略してポプ戦!!

ポプ戦投票ってなんのことなんでしょうか?

専用フォームから投票するんです。

【投票締め切り】4月3日(水)夜11時59分まで

これ、1人何回投票してもいいっていうルールなんです。

短い期間なのに、途中で集計の為にアンケートページを変更したり、分かりにくいです。

現在の新しい専用フォームはこちら

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfyLncXQw2yxwpExNFDiHB6FUiWUYuSrySwnyS-p1j6wyys1A/viewform

結果発表は4月5日(金)夜10時!AbemaTVにて放送!!

 

レギュラーモデルが脱落?!

9名に参加表明させて、6名だけしか参加できないということは・・・

そう!3名は脱落しちゃうんです!

1次のポプ戦であんなに頑張ってきたというのに!

7位・8位・9位になってしまったレギュモは、専属をかけた第二次カバーガール戦争に参加できません。

今回、一般募集をかけて、一般人100人を参加させるという企画が発表されています。

一般人が100名も参加するというのに、開始前にレギュラーモデルを3名脱落させちゃうんです!
これにはちょっと驚きです!

編集長は、モデルの成長のために、と
ポップティーン読者・ファンを大事に!
努力・勉強いっぱいして!
と、1次のポプ戦でも指導してきました。

その中で、SNSを味方にすることは、あいりるが専属から降格された時に公表された理由の一つでもありました。

この投票ひとつでポプ戦の参加できるかが決まってしまう事、しかも1人何回でも投票していいというおかしなルールです。

このカバーガール戦争は、amebaTV配信のみです。
つまり、ネット環境にどっぷり浸かれるファンを持っているモデルの方が、今後のカバーガール戦争中も応援してもらえるという事に繋がるということなのでしょうか?

カバーガール戦争は表紙を飾れる専属をかけた企画です。
最終的には雑誌が売れて欲しいわけで、ネットと雑誌をどう繋げるか、編集部も悩みどころなのではないでしょうか。

現在の順位は?

3/29途中経過が発表されました!

1位 るちゃまる(岩崎春果)
2位 れいたぴ(山田麗華)
3位 ゆなたこ(ゆな)
4位 きょうきょう(湯上響花)
5位 あやみん(福山絢水)
6位 ひまりん(一ノ瀬陽鞠)
7位 せいせい(田向星華)
8位 りぃたむ(中村りおん)
9位 らいりー(熊田来夢)

SNS重視の戦いとあって、レギュモ本人のツイートは、全員上がってます!
ファンの応援へのお返事もしっかり返したり、レギュモ達はきめ細やかな対応で忙しい!!

ポプ戦ひどい!みんなの声

一般人100人参加!
レギュモは6人だけ!3人脱落!

どう考えても、これはひどいです。
しかも、その投票が1人何回でもいいって?!

みなさんの声をまとめてみました!

Sponsored Link

まとめ

ポップティーン第2次カバーガール戦争に出場できるレギュラーモデルは

投票で選ばれた6名だけ!

について、詳しく解説しました!

SNSの大切さをレギュラーモデル達に伝えながら成長させたい編集部の意図なのか?

それにしても、読者からは編集長への不満の声が止まりません!

やり方がひどい!と思っても、レギュラーモデルを推すには、この投票をしないわけにはいかない!

投票結果を見守りたいと思います!

頑張れ!レギュラーモデル!!

ポップティーン【popteen】編集長が変わってからひどい?!炎上の理由は?こんにちは! 今や小学生からJKまでに大人気の雑誌 『ポップティーン』 なんだか、編集部や編集長の炎上が多いんですよね。 ...
Sponsored Link