Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
アニメ・ツルネ

ツルネ1話ネタバレ感想は京アニの作画がすごい!タイトルの意味も

こんにちは!

弓道アニメ

『ツルネ -風舞高校弓道部-』

とうとう始まりましたね~!!

2018年10月21日(日)
第一話「少年は矢庭(やにわ)に」

の感想です!

※ネタバレ含みますのでご注意を!!

更新~
京アニさんのツルネが大好きな私としては、事件が許せません!
ツルネ、本当にいい作品です!

Sponsored Link

ツルネ タイトルの意味

『ツルネ -風舞高校弓道部-』

ツルネって何?

そう弦(つる)の音(ね)なんです!

アニメでは、回想シーンとして湊少年がお母さんに

湊「カーンって何の音?」
お母さん「ツルネよ。弓から矢が放たれた時、弦が放つ音。」

くらいのやり取りでしたが、、、
コレ、原作ではもっともっと細かく書かれているんですよね。

たまたまお母さんと歩いていた神社で、湊少年が弦音に引き寄せられて迷子に。
お母さんが探し当てて、2人で弓道を見ることに。

そこで、お母さんは湊少年にお話しします

・弓道は簡単そうに見えるけどすごく難しいこと。
・お母さんも高校で弓道をやっていたこと
・カーンは弦音、パンは的音(まとおと)
・湊少年、弓や腕前によって音が違うツルネを楽器みたいと食いつく
・弦音は、特に冴えて余韻の美しいものの事と、昔は呼んでいた
・弓も人も繊細でお天気や心に影響されやすい
・湊少年:ぼくも弓道やってみたい!
・お母さん:素敵ね。湊が試合に出たら応援するね。
・湊少年:ほんと?絶対だよ!ぼくがんばるから、絶対見に来てね。約束だよ!!

とまあ、もっともっと細かく描写されているわけですけど。

その後、湊の弓道のきっかけにはお母さんとの約束があるわけで。

その後お母さんは亡くなっていますので、湊の心・・・。

もーーーーーっ!気にならないわけがない!!

京アニの作画がすごい!神レベル

やっぱりね、京アニさん!期待していた通り!!

キレイ!クオリティ!!

やっぱり神レベル!!


そうなの!とにかくキレイです。

主人公の動きの自然さ、弓道の動きも忠実に再現されています。
弓道場の細部、弓具、弓を引く動作の描写もなめらかです。

滝川雅貴が夜の弓道場で魅せる達人技のシーンの弓道シーン!
ん~!もうっキレイだし、かっこいいし引き込まれます!!

細かさでいえば、主人公の湊の部屋。


弓道の本が置いてあったり、練習用のゴム弓といわれる物もあったり。
弓道はもうやらない!と口では言いながら、心に引きづっているものがあることを示唆しています。
こういうところ!!

あと、オープニングで湊の手に絡まる糸、花のつぼみ。
これも示唆していますよね!

悩みもがき苦しむ湊を絡まる糸で表現しているの、素敵で苦しい。

花のつぼみが開いていくのも、湊の心も弓道も段々開花していくんだな、と願ってやみません!

そして、実在する背景をロケしているので、現実とのリンクが非常に強いです!


その他にも、景色や高校の校舎や昇降口など再現性がすごいです。

聖地巡礼の記事も書いてますので、是非見てください!

ツルネの聖地巡礼で高校や弓道場は?公園や主題歌ジャケットの舞台はどこ?こんにちは! 弓道小説がアニメ化!! 『ツルネ -風舞高校弓道部-』 2018年10月21日(日)放送開始!! さて...

湊の早気

弓道体験者は絶対知っている

早気(はやけ)

コレ何かというと、、、

弓をいっぱいに引いてそのまま集中力を高めてから弓を放つわけですが、その時にすぐ放ってしまうこと

なんです。

ん?ただのクセでしょ?大したことなくない??
と思うことなかれ。

これね、もう切ないんですよ。

私じゃなくて、息子が弓道をやってまして。
お友達が早気で悩んで悩んで・・・息子も他人事ではなく。

治そうと思えば思うほどドツボにはまりまして。
早気で弓道やめちゃう人も少なくないんです。

Twitterでは、早気をそんな重症に扱うなー!
的な、そんなに重くない説と、分かる分かるっていう説と別れているようですが・・・

でもね、いるんですよね。
息子のお友達のように、湊のように、もう辞めたくなっちゃうくらい悩むレベルの人も。

それは、時間が解決する問題ではないのも経験者なら分かる人もいると思いますが、そうなの。

だから、弓道はやめたんだ。
説明会なんて行きたくなかった。

トミー先生、湊に見本なんて、そんな、やめて、やめて・・・。


トミー先生ったら紳士的な物言い、笑顔がやばい。

湊が、もう大丈夫、もう大丈夫。

と言い聞かす

・・・

やっぱり治っていなかった。

切なすぎるやーん。

そんな湊が、夜の弓道場に迷い込むシーン。

これ、音に吸い込まれて行っちゃうあたり、幼少期とかぶるんだよね。

そこでまた、幼少期の時と同じく弦音に魅了されるわけで。

滝川雅貴との出会い!

彼が、湊を助けてくれるんだろうと思うと、

お願い、お願い!

という思いです。

そして、息子のお友達にもそんな師匠との出会いがあればいいのに、と思っちゃいます。

Sponsored Link

まとめ

第一話の感想でした。

京アニのすごさが細部に表れていて、本当に楽しみです。

セリフになくても、描写で深い所まで表現していて、さすがですね!

湊と登場人物の関わり方、早気からの克服もどのように進んでいくのか・・・

第二話も楽しみですね!

早気について書いた記事はこちらです
ツルネ鳴宮湊の弓道の早気とは?治った体験談や克服する呼吸法など詳しく

こちらもどうぞ!
ツルネのネタバレ感想は湊の傷が気になる?メッハーの意味など原作から解説!

Sponsored Link