Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
アスリート・スポーツ

河崎羽珠愛【新体操】の身長や大学は?すっぴん画像や演技の特徴も

こんにちは!

アジア大会盛り上がっていますね~!!

新体操は8/27・28ですね。
27日予選は、現地17:00ですから、日本時間19:00~
28日決勝は、現地15:00ですから、日本時間17:00~

河崎 羽珠愛選手のイロイロを紹介したいと思います!

Sponsored Link

河崎羽珠愛のプロフィール

河崎 羽珠愛(かわさき うずめ)
生年月日:1997年9月26日
星座:てんびん座
出身地:千葉県
身長:165cm
体重:48kg
趣味:ショッピング、読書
好きな食べ物:卵料理
好きなアーティスト:BLACKPINK(韓国)
所属:イオン/早稲田大学

河崎羽珠愛選手のお名前は

うずめ

と読みます!
日本神話の踊りの女神
天鈿女命(あめのうずめのみこと)からだそうですよ。
お父様が神様が好きで、詳しいのだとか。

へぇ~!由来を聞いて、更に、すごいお名前ですね~!
でも、名前負けするどころか、立派に名は体を表していますね!

新体操を始めたのは5才の頃。
うずめ選手、実は始めは体が硬く、スクールに通い始めてからあんなに柔らかくなるまでに成長したんですって!
どんなに硬い人でもベターッが話題になっていましたが、その通り、柔軟は続けていれば柔らかくなるんですね!

好きなアーティストは、韓国のガールズグループBLACKPINK
同性異性問わず人気、日本だけでなく世界に進出しているK−POPグループです。
この夏はライブで来日しているので、知ってる方も多いのでは?

ブラックピンクって誰?って方は画像をどうぞ

中学校は、地元千葉県の高洲一中学校
その後、同じく千葉県の植草学園大学附属高校へ進学しました。

大学は、早稲田大学に進学し、現在は大学と新体操の両立をしているうずめ選手。
大学と練習場は2時間半もかかるので、寝坊をしたり遅刻してしまったことも。
大会の遠征などで、授業に出席できない時は、レポート提出で単位を落とさないようにしてもらったけれど、他の学生よりレポートが多くなり大変だったそうです。
頑張り屋さんのうずめ選手です!

河崎羽珠愛の経歴

成績一覧

■2014年 17才
全日本選手権 優勝
ユースチャンピオンシップ 優勝
全国高校総体 優勝

■2015年 18才
全日本選手権 優勝(2連覇)
ユースチャンピオンシップ 優勝(2連覇)
世界新体操選手権 出場

■2016年 19才
全日本選手権 優勝(3連覇)

■2017年 20才
全日本選手権 3位
全日本学生選手権(インカレ) 2位
ユニバーシアード競技大会 5位

■2018年 21才
全日本学生選手権(インカレ) 優勝
東日本学生選手権 優勝
アジア大会出場

5才から新体操を続けていたうずめ選手が頭角を現したのは
2014年です!
全日本選手権、ユースチャンピオンシップ、全国高校総体インターハイと立て続けに優勝!!

その後、ナント全日本選手権は3連覇!

残念ながら4連覇は出来ませんでした。
でも、連覇が途切れた後に、多くの選手が引退してしまうのに対し、うずめ選手は違います!
引退どころか、その後も努力を続けて、
東日本学生選手権で優勝!
全日本学生選手権(インカレ) 優勝!!

アジア大会出場!の切符を手に入れました。

すごくないですか?!

初の全日本での返り咲き女王だって目指しているんです。

河崎羽珠愛のすっぴん画像がかわいい!

うずめ選手といえば、新体操ならではのあの濃いメイクが似合う鋭い眼差し!

あれだけの演技をするんだから、メイク崩れをしないように気を付けているそうです。
そして離れた審判員席や遠い客席から見ても、インパクトで華やかさのあるメイクであることが必要です。

左右の目のバランスを揃えるように、少し内側に目頭ラインを入れて描いて、目力を強めているそうです。

そんなうずめ選手ですが、メイクをとった顔はギャップがあってとってもかわいいです。

かわいいスッピン画像で夢を語る画像はこちら

河崎羽珠愛の演技の特徴

うずめ選手の演技の特徴といえばズバリ

元気いっぱいのダイナミックな演技!

その元気な演技は、野生児登場!と言われるほどで、新体操に新しい風を吹き込みました。

ダイナミックに踊る中で、ジャンプも得意。
そして、フープなど、投げる高さも日本一!と評価が高いんです。

そんな元気なダイナミックな演技を得意とするうずめ選手が、表現力に課題があるとされ、追及してきたのが、美しさをいかに魅せるか。

フィギュアスケートの演技を研究し、演技でも浅田真央や高橋大輔が使っていたドラマチックな曲を採用して、見事に美しさを魅せる演技をモノにしたんです!

それまで、どんな曲でも元気いっぱい踊ってしまい表現力に欠ける
と言われていたうずめ選手でしたが、ダイナミックと美しさを兼ね備えた演技が出来る選手となったのです。

ダイナミックな演技画像はこちら

Sponsored Link

まとめ

いかがでしたか?

河崎羽珠愛選手、アジア大会でダイナミックで美しい演技を世界に見せつけてメダルとって欲しいです!

そして、全日本選手権でまた優勝して女王返り咲きを見せてほしいですね!

Sponsored Link